高松宮記念

高松宮記念

高松宮記念

高松宮記念(たかまつのみやきねん)とは日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場の芝1200メートルで施行する中央競馬の重賞(GI)競走です。 一部の競馬ファンや解説者からは「宮記念」や旧称の高松宮杯から「宮杯」と通称されています。 ※正賞は名古屋市長賞、名古屋競馬株式会社賞、日本馬主協会連合会会長賞、グローバル・スプリント・チャレンジ賞。 中央競馬のGIでは唯一4大場(東京・中山・京都・阪神)以外で開催されているレースです。 1967年から1970年に施行されていた中京大賞典を前身とし1970年に高松宮宣仁親王から優勝杯を賜与されたのを機に1971年に4歳(現3歳)以上・混合・別定の重賞競走高松宮杯として新設、中京競馬場の芝2000mで施行された。 中京競馬場では最も格の高い競走に位置付けされ盛大な盛り上がりを見せ、中でも第4回のハイセイコー、第18回のオグリキャップが出走した時は中京競馬場の1日の総入場者数の上位を記録している。 更には中京競馬場で勝馬投票券の売上げが最も多い競走でもある。 1984年にはグレード制施行によりGIIに格付け、GIに昇格する前年の1995年までGIIで最も格の高い及び夏競馬の最重要競走として定着していった。また1989年からは混合競走に指定され、外国産馬の出走が可能になった。 1996年からは中央競馬における短距離路線の再整備に伴い秋のスプリンターズステークスと対になる春の短距離最強馬を決める芝1200mのGI競走に昇格、中央競馬の主要4競馬場(東京競馬場・中山競馬場・京都競馬場・阪神競馬場)以外で初めてのGI競走となった。また指定競走に指定され地方所属の競走馬も出走が可能になり、中距離競走としての機能は金鯱賞へと引き継がれた。移行1年目のレースでは三冠馬ナリタブライアンが出走し、色々な意味で注目もされました。 2000年からは短距離路線の見直しを図るため5月から3月の開催に繰り上げられ、それに伴い出走資格を5歳(現4歳)以上に変更、更に中山競馬場と阪神競馬場と共に3場開催となり、いわゆる「裏開催」である第3場開催では唯一のGI競走となった。 2001年からは国際競走に指定された。 2011年よりグローバル・スプリント・チャレンジに参加、本競走は第2戦に組み込まれている。 現在の優勝レイは紫色地に金色文字の配色。本競走のルーツにちなみ、レイの上部には皇室の紋章である菊の模様が刺繍されている。

リニューアルされた中京で初G1 中京芝1200m〔Aコース〕

開幕週から時計がかかっている
中京競馬場は3月3日に新装オープン。1周距離1705.9m、最後の直線距離が412.5と従来よりも98.7mも延長。ゴール前に坂も設けられて、大幅にリニューアルされた。当然芝1200mも以前とは異なるコース形態となっている。大まかなレイアウトは次のようになっている。スタート地点は向正面直線の真ん中付近。緩やかな上り坂を120m進んだ後、緩やかな下り坂に入る。3〜4コーナーは部分はすべて下り坂で、最後の直線へ入る。ゴール手前340m地点より240m地点にかけて、高低差2.0mの急な上り坂がある。勾配は2.0%。これは中山競馬場芝コースに次いで傾斜がきつい。ラスト240mはほぼ平坦となっている。 今開催は終日Aコースを使用。芝はイタリアンライグラスを使用したオーバーシード。JRAの公式発表によると野芝約6〜8cm、洋芝約12〜16cmで調整されている。馬場状態は非常に良好であるが、開幕週から時計はかかっている。おそらく芝の根付きがよくて、長めであるからだろう。良馬場でも速い時計は出ていない。先週の3歳500万・はなのき賞は稍重だったので1分11秒3だったが、3月4日の古馬1000万・パノラマビューカップでも1分10秒4という時計だった。以前の中京と比較すると時計の出方が違う。ただ、今週はG1ウイーク。芝の刈り込みが行われて、時計の出方が一変する可能性もある。今週土曜日の馬場の様子を必ずチェックしたいところだ。

ここまでは差し馬が優勢
同じ左回りの芝1200mとはいえ、コース形態が変化したので過去のデータはあまり参考にならないかもしれない。今開催全般の傾向を考える必要があるだろう。全般的な特徴としては逃げ切り勝ちが目立つ。ただし、芝1200mに限るとまた話は違ってくる。500万クラス以上の芝1200mはここまで4鞍あり、脚質傾向は以下の通り。逃げが【0.0.1.3】、先行が【0.1.1.12】、差しが【3.3.2.22】、追い込みが【1.0.0.23】。逃げ切りはなく、差し馬が優勢だ。かつての高松宮記念も逃げ切るのは容易ではなかった。この点に関しては従来と同じイメージで考えていいかもしれない。 枠順の有利・不利に関しては、データが少ないのでまだ何とも言えない。ちなみに同対象レースでは1、3、6、7枠がそれぞれ1勝。8枠も【0.2.0.10】なので、内外の差はないかもしれない。また、1〜4番人気がそれぞれ1勝で、上位人気はある程度結果を出している。一方、13番人気、15番人気の食い込みもあり、伏兵馬の台頭もありうるだろう。

1年に1度の特別配信

フェブラリーS 高松宮記念 桜花賞 中山グランドジャンプ 皐月賞 天皇賞(春) NHKマイルC ヴィクトリアマイル オークス 日本ダービー 安田記念 宝塚記念 スプリンターズS 秋華賞 菊花賞 天皇賞(秋) エリザベス女王杯 マイルチャンピオンシップ ジャパンC ジャパンCダート 阪神ジュベナイルF 朝日杯フューチュリティS 中山大障害 有馬記念 競馬ランキング